スポンサードリンク

OpenOffice.orgは、まめな更新のチェックが大事です。

OpenOffice.orgを使う時は、まめに更新のチェックを確認してください。

OpenOffice.orgは、とても優れたオフィスアプリですが、

マイクロソフト社のOffice製品と比べると、完成度が少し劣ります。

Office製品は、ほぼ完成型で販売されます。

アップデートはありますが。

OpenOffice.orgは、どちらかと言うと、使いながら、どんどん改良されていく感じです。

不具合の修正や、新しい機能の追加など、

バージョンアップされる度に、使いやすくなります。

旧バージョンではできなかった、または複雑だった処理が、

新バージョンでは、簡単にできるようになることもありえます。

だからOpenOffice.orgは、まめな更新のチェックが大事なのです。

バージョンアップには大小ありますが、それは数字でわかります。

例 OpenOffice.org4.1.1

大きなバージョンアップがあった場合は、OpenOffice.orgのすぐ後ろの数字が変わります。

小さなマイナーチェンジの場合は、右側の数字が少しかわります。

また、Office製品と互換性があると言われているOpenOffice.orgですが、

その程度はバージョンによっても変わります。

だから古いバージョンを使っていて上手く行かない時は、

とりあえず新バージョンに変えてみるのも手です。

あるパソコンでは問題なく動くのに、別のパソコンでは動かない場合、

バージョンを揃えてみてください。

今、どのバージョンを使っているかは、OpenOffice.orgの画面で、

上部メニューのヘルプから、「OpenOffice.org情報」で確認できます。

そして「更新のチェック」で、ダウンロードやインストールができます。

スポンサードリンク






OpenOffice.org初心者入門講座TOPへ