スポンサードリンク

OpenOffice.org の初回起動時に行なう設定。

OpenOffice.org を初めて起動するときには、設定のウィザードが表示されます。早速使ってみたいところですが、もうちょっと我慢して設定を行いましょう。

最初に起動するソフトはどれでもかまいません。とりあえずWriter(ワープロ)を起動してみることにします。

この設定は初回だけで、2回目からはすぐにソフトを使えます。


【1】Writer(ワープロ)を起動します。

スタート → すべてのプログラム → OpenOffice.org 2.3 → OpenOffice.org Writer

OpenOffice-18.gif


【2】「OpenOffice.org 2.3 へようこそ」の画面が表示されたら、「次へ」ボタンをクリックします。

OpenOffice-19.gif


【3】ライセンス条項の内容を最後までスクロールすると、「同意する」ボタンがクリックできるようになるのでクリックします。

OpenOffice-20.gif


【4】ユーザーの入力は任意です。「次へ」ボタンをクリックします。

OpenOffice-21.gif


【5】オンライン更新の画面が表示されたら、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。

OpenOffice-22.gif

オンライン更新の設定はいつでも変更できます。

メニューから ツール → オプション → オンライン更新
または ヘルプ → 更新のチェック


【6】ユーザーの登録は任意です。「完了」ボタンをクリックします。

OpenOffice-23.gif


【7】Writer(ワープロ)が起動しました。

OpenOffice-24.gif

2回目の起動からはすぐにこの画面が表示されます。

Writer(ワープロ)の画面をみると Word に似ていますね。Word を使ったことのある人なら、直感的に操作することができると思います。


スポンサードリンク






OpenOffice.org初心者入門講座TOPへ