スポンサードリンク

Base クエリーでデータを抽出する方法。

Base ではクエリーを使って、条件に合うレコードだけを抽出して表示することができます。

今回の例では、都道府県から四国の県だけを抽出してみます。

データベースのクエリーを使うことで、複雑なプログラムを書くことなく、簡単な設定だけでデータを扱うことができます。


【1】Base を起動して、「test.odb」を開き、クエリーを表示します。

OpenOffice-138.gif


【2】「Q01Prefecture」をコピーして、「Q03PrefFilter36-39」を作成します。

OpenOffice-139.gif

*クエリーの名前は自由に付けてかまいません。


【3】「Q03PrefFilter36-39」を編集します。クエリーのデザイン画面を表示してください。

OpenOffice-140.gif


【4】PREF_CD の「条件」に、半角で「 BETWEEN 36 AND 39 」と入力します。

OpenOffice-141.gif

PREF_CD が 36 以上 39 以下という意味です。その値を含みます。


【5】四国の県が抽出されました。

OpenOffice-142.gif


【6】「条件」を変えて、クエリーをいくつか作ってみてください。

< 8 8より小さい
> 8 8より大きい
<= 8 8以下
>= 8 8以上


どうですか?テーブルはデータを蓄積する役割だけにして、クエリーでデータを加工するということが、何となく分かってきたのではないでしょうか。

このように一つのテーブルから、複数のクエリーを作成することができます。そしてそのクエリーから、レポートやフォームを作成することで、いろんな見せ方ができるのです。


【ワンポイント】

クエリーを利用すると、以下のようなことができます。

1.テーブルから必要なフィールドだけを表示する
2.条件を指定してレコードを抽出する
3.レコードの並べ替え
4.データを集計する
5.複数のテーブルを関連付ける

4、5以外は既に試しましたね。


スポンサードリンク






OpenOffice.org初心者入門講座TOPへ