スポンサードリンク

Base フォームを作成する方法。

Base では、フォームもレポートとほとんど同じ手順で作成できます。

データはテーブルから直接入力することもできますが、クエリーとフォームを使えば、いろんな入力の仕方ができるので便利です。

通常、直接テーブルを扱うのは開発者だけで、ユーザーにはフォームを使ってもらいます。そのほうが管理しやすく、安全にデータを扱えるからです。


【1】Base を起動して、「test.odb」を開き、フォームを表示します。

OpenOffice-143.gif


【2】「ウィザードを使用してフォームを作成」をクリックします。

OpenOffice-144.gif


【3】フォームウィザードが開始しました。

OpenOffice-175.gif


【4】「テーブルまたはクエリー」で、「Q01Prefecture」を選択します。

OpenOffice-176.gif


【5】「>>」ボタンをクリックします。

OpenOffice-177.gif


【6】全てのフィールドが右側へ選択されたら、「次へ」ボタンをクリックします。

OpenOffice-178.gif


【7】サブフォームの設定では、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。

OpenOffice-179.gif

*サブフォームは、伝票と明細の関係のような、フォームの中にフォームを組み込みたいときに使います。


【8】メインフォームの整列でデータ表を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

OpenOffice-180.gif

*都道府県はフィールドが2つしかないので、表がわかりやすいです。しかし顧客マスターのように、フィールド数が多い場合は、1レコードごとに表示する単票のような形式が便利です。


【9】データエントリの設定では、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。

OpenOffice-181.gif

*データをどのように扱えるか設定できます。


【10】好きなスタイルを選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

OpenOffice-182.gif


【11】フォーム名に「F01PrefectureASC」と入力し、「完了」ボタンをクリックします。

OpenOffice-183.gif

*ASCは昇順という意味です。


【12】フォームが表示されました。

OpenOffice-184.gif

*フォームのレイアウトは後で編集できます。


【13】確認したら、フォームを閉じてください。

OpenOffice-185.gif


【14】データベースファイルウィンドウに、作成したフォームが表示されています。

OpenOffice-186.gif


【15】同様の手順で、フォーム「F02PrefectureDesc」、「F03PrefFilter36-39」を作成してください。

OpenOffice-189.gif

・F02PrefectureDesc
OpenOffice-187.gif

・F03PrefFilter36-39
OpenOffice-188.gif

F03PrefFilter36-39 は四国しか表示しません。「99 ハワイ」のようにデータを新規入力することはできますが、フォームを再度開いたときには表示されなくなります。

あまり意味はないようですが、特定のレコードだけを表示して、データを入力する例だと考えてください。


【解説】

フォームはデータを入力するためのものです。今回の例では、どのフォームを使っても、最終的にクエリーを通じて、テーブル T01Prefecture に保存されます。

いろんな形式のフォームを作ることで、入力パターンを変えることができます。

例えば

・新人にはデータの入力のみ可能にする
・最新の10件だけ表示した状態で入力する

ということが簡単にできます。部署や使う人によって、フォームを変えると便利です。

またボタンを配置して、クリックした時に、プログラムで処理を行なうような場合もフォームを使います。


スポンサードリンク






OpenOffice.org初心者入門講座TOPへ